2007年01月12日

YouTube デスノート(DEATH NOTE)北米でネット配信へ(動画)

毎日新聞まんたんウェブによると、日本テレビは11日、テレビアニメ「デスノート」の北米でのネット配信権を、日本のマンガを出版している米ビズメディア社(米サンフランシスコ、福原秀己社長)に許諾したと発表した。配信は今春からの予定。 日本で放送中で、現地でも放送されていない番組を海外でネット配信するのは同局では初めて。⇒[PR]【 IMAGE
デスノート」は、「週刊少年ジャンプ」で03年〜06年5月に連載されたマンガ(大場つぐみ作、小畑健画)が原作。「名前を書かれたものは死んでしまう」という死神のノート「デスノート」を手にした大学生・夜神月(やがみ・ライト)と天才捜査官・Lの頭脳戦を描くサスペンス。コミックスの累計発行部数が2450万部を超え、06年には映画化されて大ヒットした。06年10月から、テレビアニメ版が放送されている。
同局では「北米のアニメ市場はDVD販売からネット配信に移りつつあり、先を見越した取り組み」としている。

ちなみに、本日の日本テレビ<9404>株は高いですよ。
友達から恋人探しまで目的別に比較
サクラ無、無料サイト徹底評価。



デスノート(DEATH NOTE)のうわさは芸能ニュースRanking
デスノート(DEATH NOTE)ファンは某タレントブログで紹介されたこれがオススメ
デスノート(DEATH NOTE)の最新情報はこちら

DEATH NOTE
2006年10月から日本テレビ系列にて放送された、ホラー・テイストの人間ドラマ。『週刊少年ジャンプ』に連載された同名人気コミックをベースに、死神が落とした恐るべきノートをめぐる、天才vs天才の壮絶な頭脳戦を描いていく。物語の鍵となるのは、『そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ』という死のノート。先に実写映画も公開されて好評を博し、本作では宮野真守山口勝平中村獅童といった豪華声優陣と実力派スタッフが集結し、原作の魅力をさらに深めたアニメーションを作り上げている。⇒[PR]【 JJ掲載
天才的な頭脳を持つがゆえに、日常に退屈している高校生・夜神月(ヤガミ・ライト)。彼はある日、学校の校庭に落ちていた1冊のノートを拾う。表紙に『DEATH NOTE』と書かれたそのノートには、英語で『このノートに名前を書かれた人間は死ぬ』という注意書きがあった。ノートに名前を書いた犯罪者たちが、本当に死んでいく様子を目の当たりにした月は、このノートを使って理想的な新世界を創り上げようとするのだが…。芸能ニュースRanking

YouTubeデスノート(DEATH NOTE)のオープニング動画がありましたのでどうぞ♪
[PR]とにかく会いたいのなら、業界最大手の比較評価サイトで徹底研究を!



あっそれから、無料で年頃の女の子がたくさんいる場所と誘い方を教えてもらえるんだって。この無料情報をまだもらってない人は、忘れないうちに今すぐ登録してみたらどう?



posted by youtubesaishin at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube デスノート(DEATH NOTE)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。